PRIRET

BLOG

  • 桐生×アウトドアで山ストール

    2015.10.07

    「桐生は日本の機(はた)どころ」by上毛カルタ
    ということで、日本の機どころ桐生出身のカミクボです。
    今回はなぜカミクボがPRIRETをはじめたのかを簡単に書きます。

    カミクボの趣味はアウトドア。キャンプやハイキング、スキー、たまにマウンテンバイク。
    出身は織物の街桐生。
    そこでアウトドアと桐生の織物技術を掛け合わせて何かできないかと思い
    タオル兼用の山ストールを作ることにしました。
    織物に関してはド素人なカミクボでしたが、職人さんや関わる方々がめちゃくちゃいい人ばかりで
    山ストールを完成することができました。カミクボ、ツイてます!!
    そんなこんなで山ストール、群馬を中心に浸透しつつあります。

    ハイキングに出かけるときはいつもタオル。
    だけど、タオルだともっさりするし乾きにくいし臭う。
    かといって手ぬぐいだと吸水量が心細い。
    そんな悩みを山ストールは解決してくれます。

    山ストールは、タオルより乾きが早く手ぬぐいよりも吸水性が良いです。
    さらにシルクを使っているので紫外線吸収や、汗の臭いも抑えてくれます。
    夏は涼しく冬暖かいシルクは一年中使えます。
    ということで山ストールは、山でも街でも夏も冬も使える万能ストールなわけです。
    キャンプやハイキングのときは手ぬぐいやタオルの代わりに首からぶら下げ
    街ではオシャレストールとして首に巻き、寒い時期にはシルクパワーで暖かく
    ジメジメした季節はシルクが湿気を調整してくれるのでサラッと快適です。

    織りは桐生の伝統織の「風通織(ふうつうおり)」を採用しております。
    風通織は生地が二重に織られているので、生地の間を風が通り抜けて乾きが早く
    空気の層もできるので保温性に優れています。
    筒状に仕上げたストールは頭からかぶってネックゲイターとしても使えるので風の強い日や
    サイクリングなどにピッタリです。
    風通織はとても希少なシャトル織機でしか織ることができないので1日の生産量も
    極端に少ないです。しかしゆっくり織り上げるので風合いが良く、使っていくいうちに馴染んで
    さらに柔らかくなるのです。

    桐生ならではの風通織と天然繊維の機能を活かして作られた山ストール!!
    是非宜しくお願いします。

    ストールの巻き方はこちらをどうぞ。

    シャトル織機


  • ストールの巻き方 PRIRET Ver.

    2015.09.30

    こんにちは。
    桐生の織物技術と天然繊維の機能を活かし、タオル兼用のアウトドア向けストールを
    作っているプライレットのカミクボです!!

    さて、今回はストールの巻き方です。
    PRIRETのストールは、長さや形によっていろいろな巻き方ができます。
    その中でも今回は簡単でオススメな巻き方をちょこっと紹介いたします。

    こんな感じで是非まきまきしてみてください。

    山ストールは、キャンプやハイキング、サイクリングだけではなく
    普段使いにも適しております。
    山でも街でも夏でも冬でも天然繊維100%の山ストールが首元を常に快適に
    してくれます。
    タオルや手ぬぐいも使い勝手は良いですが、そこはあえてPRIRETの山ストールです。

    タオルでも手ぬぐいでもない山ストール


  • シルバーウィーク明けの朝吾妻。

    2015.09.30

    こんにちは。
    タオルでもなく手ぬぐいでもない山ストールを作っている
    PRIRETのカミクボです。

    先日の土曜日の吾妻山はシルバーウィーク明けともあって
    沢山のお土産が山頂に集まりました。贅沢な朝のひと時。
    桐生の伊東屋さんのコーヒーもこころとからだに染み渡ります。

    富士山の疲れもあって今日の登りはキツかったです。
    でも吾妻山に登っているおかげで富士山のトレーニングにもなってるわけで。
    ありがとう吾妻山。ありがとう山ストール。

    そういえば桐生には富士山下駅(ふじやましたえき)というのがあって
    たまに外国の方がホンモノの富士山と勘違いして桐生にきちゃったりがあるそうです。
    標高約160mで10分くらいで登れます。しかも本物の富士山に登ったのと同じご利益があるそうです。
    桐生観光の際には是非桐生の富士山にもどうぞ!!
    シルバーウィーク明けのお土産たち

    伊東屋珈琲

    どんより吾妻


  • 富士山2015

    2015.09.29

    富士山は人生で一度登れば良いと思いますが
    ここ数年は毎年の恒例行事になっておりますカミクボです。

    先日、いつものバンくんとふたりで富士山に登ってきました。
    いつもは富士吉田口から登りますが今回は初の富士宮口からチャレンジ。
    朝4時に五合目を出発して約6時間かけて10時に登頂です!!感無量!!天気最高。
    下山は3時間。

    山頂でカップラーメンを食べましたが、ふたりとも割り箸を忘れるパターン。
    でもいつか忘れた時用にとバックパックに入れておいた割り箸一膳発見のパティーン!!
    二つに割って一本ずつ使用。バンくんはそこからさらに割って短い二本で、カミクボは底の深い容器だったので一本で食べました。とりあえず完食。あざっす。

    カミクボは毎回、山ストールの営業を兼ねて登山している方を撮影しながら登っております。
    カメラを向けるとほんとみなさんいい顔をしてくれます。
    疲れていてもみなさん素敵な笑顔をカメラに向けてくれます。ありがとうございます!!
    みなさんの笑顔によりカミクボも毎回頑張れています。ありがとうございます。
    そして、先日富士山で出会った方が下山後にWEBから山ストールを注文してくれました!!
    こんな嬉しいことはござ〜せん!!しかも初登山が富士山で、そこで山ストールに出会い
    買ってくれました。ご縁に感謝です。
    山ストールおかげで次の登山が楽しみになったとも言ってくれています。
    最高です。嬉しすぎます。PRIRET最高です。山ストール最高です。大感謝祭りです。

    来年もまた富士山に行くことでしょう。
    もし山で出会ったら満面の笑みを御願い致します。

    富士山の写真です。https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1004951289569410.1073741906.306068479457698&type=3

    てっぺん

    割り箸一本

    短い割り箸


  • 舞台「土佐源氏」

    2015.09.29

    こんにちは、舞台役者にもたまになるカミクボです。

    現在、桐生市の有鄰館では「蔵芝居’15」と題して第十回有鄰館演劇祭が行われています。
    そのひとつ坂本長利さんの「土佐源氏」(9/12)と「越前竹人形」(9/19)のスタッフとして
    お手伝いをしてきました。
    坂本さんは現在85歳。1日にひとり芝居を2公演をこなす、すごい方。
    「土佐源氏」は坂本さんが37歳の頃にはじめてから今回で1170回を迎えました。ハンパない回数です。日本全国と世界約10ヶ国で上演してきた芝居です。それがなんと桐生で上演されたんです。
    本当にステキな空間と素晴らしい演技にお客さんも大満足で帰って行きました。
    ほんと、すばらしかった!!

    カミクボと坂本さんの出会いは2013年の春ころでした。その年の夏にやる芝居の演出を坂本さんが引き受けてくれたのがきっかけでそこから仲良くしてもらっております。
    ちなみに坂本さんも山ストールのファンで、いつも首に巻いてくれています。ありがとうございます。

    蔵芝居はまだ開催中です。是非桐生の有鄰館へお越しください。
    有鄰館演劇祭はこちら。
    https://www.facebook.com/第十回-有鄰館演劇祭-504633992962013/timeline/

    坂本長利さん


Scroll Up